HOME>オススメ情報>住宅を購入するなら失敗しないためにやるべきこと

実物の内観や外観をチェックできる

男性

カタログに載っている写真では小さすぎて、実際の建物のイメージは掴みにくいといえるでしょう。カタログでも間取りや施設を知るには十分ですが、購入を考えるなら、やはり自分の目で見て確かめる必要があります。住宅メーカーでは、そのために東京の各地で住宅展示場を開いていますので、購入予定がある場合は、実物をしっかりとチェックするために訪れてみましょう。なお、住宅展示場の中には、内観や外観を見られるだけではなく、実際に宿泊して建物の機能を体験できるところもあります。もちろん、すべての住宅展示場が対応しているわけではないため、泊まってみたいのなら、対応しているところを探してみましょう。

予約が必要かチェックしよう

男性

東京にある住宅展示場には、予約が必要なところと必要ないところがあるので、事前に確認しておいたほうがよいです。住宅展示場ではホームページを運営していて、そちらに予約が必要なのか記載されているので調べておきましょう。なお、予約がなくても見て回れるところでも、スタッフに説明して欲しいなら予約は必須だといえます。忙しい場合は予約をした方が優先となるため、確実に説明して欲しいのなら、予約を入れなければいけません。

質問を用意していこう

作業員男性

住宅展示場に到着したのなら、説明を担当してくれるスタッフからアンケートを渡されます。それに、必要事項を適切に記入をしたら、スタッフと一緒の住宅展示場の見学がスタートします。もしも、本気で住宅の購入を考えているのなら、聞きたいことを予め用意したほうがよいです。特に、外せないこだわりがあるというのなら、それを叶えてくれる住宅なのか、スタッフに説明を求めましょう。東京という大都市で住宅を買うのなら、失敗はできないため、たくさん質問して納得することが大切です。

広告募集中