HOME>トピックス>見た目や強度は樹木によって違うので最適な木材を選ぼう

針葉樹の杉と広葉樹のケヤキ

心地良い肌触りは木ならではの魅力であり、室内の湿気を調節する機能も持っています。そのこともあり、注文住宅ではトコトン天然木にこだわった自然素材の家も大人気です。そして、木にも色々な種類がありますから、自分が理想とするテイストに合わせて最適な素材を選びましょう。例えば針葉樹の杉は流通量が多く、家作りでは柱や梁をはじめ、壁などにも幅広く使えます。木質としては比較的柔らかいので加工がしやすく、肌触りも良好なのが特徴です。また、美しいツヤと木目が特色のケヤキは強度が高く、その見た目の素晴らしさから、玄関や床の間を飾る素材としても活用されています。

床を傷つけたくない時は固い樹木を選ぼう

広葉樹の栗はケヤキと同じく強度があるため、家の土台や構造部分の建材に適しています。ですが固さと耐水性にも秀でていることから、家財道具を置いても傷がつかない床材を探している時にも着目しておくと良い素材です。同様にナラも固い樹木のため、傷がつきにくいフローリング材としても知られています。針葉樹のサワラやヒノキは耐水性が高く、自然素材の家ではお風呂場などの水回りの建材として定番です。そのほかにも桜やチークなど、数々の種類がありますから、用途に応じて木材を使うのが秘訣になります。

広告募集中